スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

がぶっと行こうぜ!手羽餃子

141128がぶっと美味しい手羽餃子 (9)

皆さんも何かを食べて衝撃を受けた経験があるかと思うのですが、私の人生の中で衝撃を受けた料理のかなり上位に入るのが手羽餃子です。

初めて食べたのは大学生の時で、先輩に連れて行ってもらった飲み屋でした。まずはメニュー名。手羽も知ってるし、餃子も知ってるけど、組み合わさる姿が想像できない。しかも出てきたモノが太った手羽。食べてビックリ、中から餃子が出てくるじゃないですが、衝撃過ぎて、その後しばらくはまった記憶があります。

でも、何故か今まで作ろうと考えたことがなかったんですが、先日ふとしたことから作ってみました。

材料(4人分)
手羽元 12本
塩コショウ 適量
片栗粉 適量
サラダ油 大さじ2
水 1/2カップ

<中具>
ブタひき肉00g
ニラ 1束
ニンニク 1ヶ
オイスターソース 大さじ1
味醂 大さじ1
五香粉 2ふり
魚醤 小さじ1
白コショウ 2ふり


ニラは1mm幅程度で細かく切ります。ニンニクはみじん切りにします。豚肉にオイスターソース、味醂、五香粉、魚醤、白コショウを加えてよく混ぜ合わせたら、ニラ、ニンニクを混ぜ合わせます。
141128がぶっと美味しい手羽餃子 (2)


手羽元は関節部分を反対に折り曲げて関節を外します(ボキッという音がするまで折り曲げます)。
141128がぶっと美味しい手羽餃子 (4)


関節が外れたら太い方の骨を抜き取ります(写真右側)。骨と肉がくっついている部分は包丁で切り取ってください。
141128がぶっと美味しい手羽餃子 (5)


骨を抜いた部分が穴になるので、そこに<中具>をい詰め込みます。
141128がぶっと美味しい手羽餃子 (6)

141128がぶっと美味しい手羽餃子 (7)


詰めたら塩コショウをして、片栗粉をまぶします。フライパンを中火で温めてサラダ油をひいたら手羽を並べます。片面に焼き目がついたらひっくり返して水を加えて蓋をします。6分ほど焼いたら蓋を取って、余分な水分を飛ばして完成です。

骨を抜く作業は結構大変ですが、やった甲斐のある美味しいメニューになりますよ。やっぱりこれはビールです。うめぇ~。

♪ではでは~♪

役立ったなぁと思ったら
↓ポチッとお願いしま~す↓






<編集後記>
サッカー好きの長男が最近英語に興味を持ち始めたので、これはチャンスと思い、これを注文しました。


私も今、英語を勉強しているんですが、子供と一緒に勉強できたら楽しそうだなぁ。抜かれたらチョッと恥ずかしいけど、海外旅行に行った時に通訳になってくれると思えば・・・。そんな日が来るかなぁ(笑)。



ブログランキング参加しています。
応援よろしくお願いします。
ポチッと押してもらえると嬉しいです。

スポンサーサイト

テーマ : 簡単レシピ
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

No title

手羽先餃子は、生協で知り、注文した事はありますが、作った事はないです!すごーーーーい(^^)
本格的に作られたのですね。
英語は早い頃から始めた方がいいと思います。
うちの娘二人は3歳から英語教室に行かせてましたが、何がいいって、ヒヤリングに苦労しなかったようです。
頭が柔らかいうちに沢山聞いてると自然と入るようですよ~。

No title

すごい!
作っちゃったんですね!
おいしそう!

Re: No title

作ってみたら意外に上手くいって、作った自分が一番驚いてました(笑)。どんなメニューも作ってみると意外にいけるもんですね。

英語は私が苦手なんで、息子たちにはぜひ克服してもらいたいもんです。興味あるもの(サッカー)の知識は半端ないんで、サッカーと英語を絡めたら上手くいくんじゃないかと一人企んでます。なかなか思い通りにはならないですけどね(苦笑)。
ひろぼのメルマガ
発行から丸6年。まだまだ加速するお料理メルマガ。今日のメニューに困ったときはコレで作っちゃおう! 発行は月・水・金の11:00。 メアドを入力して送信ボタンを押せば登録できますよ。
メルマガ購読・解除
【主婦の味方】料理の裏技
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ
管理人の紹介

ひろぼ


140503.jpg

管理人:ひろぼ

ブログランキング
ブログランキング参加しています。 応援ポチッとしてもらえると嬉しいです。
141210ポチ
カテゴリー
クリックするとカテゴリー内の記事がリストで見ることが出来ます。メニューを探す時には便利です。
ブログ内検索
リンク
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。